njnja1000 カスタム

お客様でいい感じに仕上げてましたので画像アップしました
P1030634.jpg
P1030629.jpg
P1030630.jpg
ホイールテープはZ1000 2011年の純正テープです
P1030635.jpg
このラインもZ1000です
P1030631.jpg
ゼファー750などのクラッチホルダーで調整式なので自分の好みに出来ます
P1030632.jpg
アクティブのブレーキレバー
P1030627.jpg
スポンサーサイト

ZX-14R ABS 入荷!!

皆さんお待たせいたしました。

ZX-14R ABS グリーンとブラックの2台がハリケーンに入荷いたしました!!

DSC02685.jpg


このライムグリーン(ゴールデンブレイズドグリーン)はまじかで見るのは初めてなのですがやっぱりかっこいいですね!!
この新しくなったライムグリーンはキラキラと輝いててもの凄く華やかな感じがします。

僕の10Rもこの色にしたらもっとかっこよくなりますかね?

DSC02682.jpg
DSC02632.jpg
DSC02640.jpg
DSC02664.jpg
DSC02679.jpg


本当にかっこいいですね!!


ただいまKAWASAKIではスペシャルクレジットキャンペーンを実施中です。

2012年の5月31日までっとなっております。

詳しくは当店までお問い合わせ下さい。

Ninja250Rのブレーキホースを変えました。

今日は、Ninja250Rのブレーキホースを変えました!

純正からプロトのSWAGE-LINEっというブレーキホースに変更です。

Ninja250Rの場合は値段も安い方なのでブレーキホースなどはカスタムしやすい部分ではないかなっと思います。ちなみに値段は8500円です!!(工賃別)

純正

DSC02623.jpg
DSC02624.jpg

社外

DSC02621.jpg
DSC02622.jpg


これでフロントとリアのブレーキホースは完了しました。

次はハンドルを変えたいなっと思います。
実は少し曲っているのでビートかケーファクトリーにしたいなっと思います。

それとレバーを変えたいなっと思っていま~す。


皆さんもカスタムして見た目・性能をUPしましょう!!

スーパーゾイル!

今日はSUPER ZOIL(スーパーゾイル)をご紹介します。

前々から気になっていた、NEW スーパーゾイル エコシリーズを購入しました。

もうすぐ僕の10Rがオイル交換をしないといけないのでそれに合わせて買っちゃいました。


なんとこの新しくなったゾイルは従来品に比べると半分の量=エンジンオイル量比5%で、独自の「金属表面再生効果」を従来品と同等以上に発揮します。
それとお財布にもやさしいくなったみたいです。



DSC02577.jpg


DSC02578.jpg



 金属表面再生剤     スーパーゾイル

[アンチーエイジング・テクノロジー]

これ一本で原付2輪からハイブリットカーまで。あらゆるエンジンを守る優れたアンチエイジング効果とともに、驚くほど滑らかな回転フィーリングと低燃費へ貢献します。

●高回転時の油膜切れを防ぎ、熱の発生を抑えオイルの劣化を防ぎます。
●低粘度オイルの油膜切れからエンジンを守ります。
●エンジンオイルの交換サイクルを延ばし、省燃費性を更に向上させます。
●メカニズムの摩耗を防ぎ、エンジンの寿命を大幅に延ばします。
●PTFE、モリブデン、塩素系、有機溶剤系の成分を一切含みません。


スーパーゾイルのAnti Pollution性能

金属を腐食させません。 発がん性はありません。 大気を汚しません。


価格は・・・・・

内容量200ml 6800円
   320   9800円
   450   12800円    僕にはまだ高いような気がするのですが!!



バッテリーが・・・・・!

どうもこんにちは!

さあ今日はとっても軽いバッテリーをご紹介しちゃいます。

SHORAIっというメーカーで超小型・超軽量・高性能の欧米で大人気のバッテリーです。

このバッテリーは・・・・

•自己放電率が少なくメンテナンス無しで1年後でも使用可能
•一切の加工無しで純正バッテリーと交換可能
•米国防総省のミルスペック適合のカーボンコンポジットプラスチックケースを採用
•速いクランキングが可能で始動性抜群
•鉛バッテリーと比較して平均約1/5の超軽量
•超急速充電が可能
•鉛や希硫酸等を一切使用しておらず、爆発する危険性がなく安全
•環境を破壊する鉛等を使用していないため、環境に優しい
•日本の最新技術採用


とにかくどれくらい軽いのか計測してみました。

DSC02521.jpg
DSC02522.jpg

なななんんんんんと!!!!!!!670g!
1kgもないなんて軽すぎる。




DSC02524.jpg
DSC02525.jpg

FURUKAWAのバッテリーの質量がカタログ上で3.8kg(液なし)SHORAIのバッテリーと比べると重すぎますね!!
それと大きさも全然違いますね!

値段もSHORAIの方が安いという・・・・!


今、バイクの軽量化を考えてる人、この機会に取り付けてみてはどうですか?
ただいまハリケーンで展示中なので是非見に来て下さいね!

オフロードツーリングに行ってきました!!

さあ今日の最高気温4℃!!です。
めっちゃ寒いです。
こんな中、山に行って参りました!



IMGP0616_copy.jpg
今日のメンバーは社長と僕(大樹)とY原さんとI藤さんです。

バイクはKLX3台とシェルパ、もちろんすべてカワサキ車です。



IMGP0618_copy.jpg
まず芦田川付近でちょこっと練習です


IMGP0619_copy.jpg

IMGP0622_copy.jpg

IMGP0624_copy.jpg
DSC02484.jpg

IMGP0628_copy.jpg
ここはどこかのどこかです。
景色も良く福山の山が一望できます。


IMGP0635_copy.jpg
おおおおお~かっこいい!!
連絡先教えて下さい!


IMGP0641_copy.jpg
入るなっと警告されても入ってしまうのが人間です。

10
IMGP0642_copy.jpg
11
DSC02488.jpg
12
DSC02489.jpg
林道を走っているといたる所に倒木が落ちていました。
ここで出番なのがのこぎりです。
これでもか!っというぐらい倒木をおかたずけしました。


13
IMGP0644_copy.jpg
14
IMGP0645_copy.jpg
途中から雪を吹雪いてきて僕のネックウォーマーが真っ白になってしまいました。
顔が本当に寒かったです。


15
IMGP0647_copy.jpg
16
IMGP0649_copy.jpg
17
IMGP0651_copy.jpg
19
IMGP0653_copy.jpg
20
IMGP0655_copy.jpg
21
DSC02492.jpg
22
IMGP0659_copy.jpg
山の頂上付近まで登ってきました!!
えっ!こんな所に行くのっていう場所も何か所かありました。
でも楽しんだなこれが・・・・!


23
DSC02498_copy.jpg
山を降りて寒い中昼飯です。
寒い日はこれが一番なんです。


24
IMGP0662_copy.jpg

25
IMGP0667_copy.jpg
さあ、また倒木です。
もうだんだんと疲れてきました。

26
IMGP0675_copy.jpg
けっこう厳しいこう配を下り中ですがこの後転倒しました。

27
IMGP0680_copy.jpg
28
IMGP0685_copy.jpg
29
IMGP0695_copy.jpg
30
DSC02505.jpg
31
DSC02506.jpg
32
IMGP0699_copy.jpg
あっ!ダメですよ。感電しますよ。中国電力の人に怒られますよ。
って冗談ですけどね!

33
425548_175565862552330_100002967514706_279603_1423447447_n.jpg

いや~今日も初心者コースのつもりだったようなんですが全く僕らには違いました。
でも楽しかったんですけどね!

ちなみ僕のオフの装備は全部FOXです。

タペット調整!第二弾

さあ、タペット調整第二弾です。


注文していたシムが届きました。
これを取り付けて再度測定します。

DSC02479.jpg
DSC02480.jpg

シム・タペット・カムシャフト・チェーンテンショナーなどを取り付けてカムチェーンのタイミングをとります。
それでシックネスゲージで再度測定です。
測定の結果タペットとカムのすき間はOKでした。






タペットの調整が終わったのでガスケットを取り付けてシリンダーヘッドカバーをつけてキャブレターをつけてイグニションコイルをつけた所でいったんここで始動してオイルの漏れなどがないか確認します。

オイル漏れもなかったのでタンクやカバー・シートを取り付けて終わりです。
DSC02481.jpg
DSC02510.jpg
DSC02511.jpg


ふううううう~やっと終わりました。
けっこう大変な作業でしょ?

長年バイクにのっているとどのバイクでもガスケットが弱くなりオイルが少しずつ漏れてきます。
そうなるとバイクの調子も悪くなります。

だから日常の点検などが非常に大事になってきますので少なくても一年に一回の点検をオススメします。
整備士が目視で確認するだけでも点検になりますので気軽にお越し下さいね。

それではお待ちしています。


タペット調整をしました。

どーもこんにちは!!
最近は寒くてバイク乗りには本当にきつい時期ですね・・・・・!

さて今回はゼファー1100のヘッドカバーのガスケットの交換をかねてタペット調整をしました。

タペット調整(バルブクリアランス)。各メーカーでの呼び方(部品名)も違うんですよ。

カワサキではタペットの事をバルブリフタといいます。

まずタペット調整ってご存知ですか?
知ってる方は少ないと思うので簡単に説明しちゃいます。

簡単に言うとカムとタペットのクリアランス(すき間)の事です。(簡単すぎてごめんなさい・・・・)

ここからサクっと作業の流れを紹介します。

まず、シート・サイドカバー・タンクを取りましょう!(タンクに傷がいかないように注意しましょう)

その次にイグニションコイル・プラグキャップ・エアインテークダクトを取り外しましょう。

さらにチェーンテンショナーを外すためにキャブレターを取りましょう。

最後にシリンダーヘッドカバー・チェーンテンショナーを外します。

ここまできてカムなどが見れます。

こんな感じです。

↓↓
DSC02467.jpg
DSC02468.jpg

ここまできて、すきまゲージで各カムとバルブリフタ(タペット)間のクリアランスを測定します。

クリアランスですがここが狭すぎはNGです。もちろん広すぎもダメ!!

標準値より狭ければ走行中にヘッドの方からカタカタカタと金属音がします。
これがタペット音っと言うものです。

これを放置してしまうと次から次えと問題が発生します。

なのでエンジンの音が普段となんかおかしいと思っていたらすぐにハリケーンに来て下さい。


さて、測定の結果、標準値より狭い・広いっという結果だったので、シムの調整をします。


左がタペット(バルブリフタ)、右がシムです。

このシムですき間を調整します

DSC02470.jpg


マイクロメーターで測定します。

DSC02471.jpg

測定してシムを厚くしたり狭くしたりします。

シムの厚みは0.00㎜の世界なので以外とこの調整は大変な作業なんですよ。

測定が終われば標準値になるシムを選び取り付けをします。

取り付けに関してはエンジンの中に物を落とさないように慎重にしないといけません。
万が一落とした場合はエンジンをばらさないといけないのです。


さて、今回はここまでです。

組み付けはまた今度アップしますのでお楽しみに!!

Pagination

Utility

プロフィール

Kawasaki Shop

Author:Kawasaki Shop
ハリケーン
広島県福山市蔵王町5丁目25-12
OPEN 10:00~19:00 水曜定休
TEL 084-945-0362

最新トラックバック